MENU

企業情報

会社沿革

1960年5月 東京都板橋区にて機械部品加工業としてスタート
1960年 当社の前身「大木製作所」を設立
1965年

銅パイプ等・素材が回転しないカットマシンの開発

カットされたパイプの両面の内外径同時面取り機の開発

同時に銅パイプ製コネクタ生産開始(累計1000万個以上生産)

1967年 多軸ボール盤・異形長物の自動切断機の開発
1976年

社名を「成和工業 株式会社」に変更

埼玉県和光市に本社工場を移転

ダイヤル式ノギスの量産に係わり、スイスの技術誌「テサ」にて世界一精工と評価

同時に高周波熱処理技術導入

1980年 自動車研修資材の開発(ABS、SRSのシミュレーター及びミッションテストベンチ等 多数)
1986年8月 日本初、さん孔紙テープ用巻き取り機「TEPTOM40」を発表
1987年

社名を「株式会社 大成」に変更

代表取締役社長 大木 徹 就任

1990年

埼玉県志木市に本社工場を移転

「自動車研修資材」を中心に「たばこ産業」・「音響製品製造関連器材」・「タイヤ製造関連器材」を生産

1998年

現在の埼玉県川越市に本社工場を移転

新聞等で記録紙用巻き取り機「TEPTOM(テプトム)40S」が取り上げられる

その後、現在に至るまでTEPTOMシリーズ8機種を開発

同時にロボット関連器材の開発

日本初の電子基板自動はんだ装置用搬送治具(はんだパレット)の開発に着手

2005年

埼玉県川越市古谷本郷に「第2工場設立」

本格的なハンダ関連治具の量産を開始する

大型特殊巻き取り機の対応により産業界に貢献する

2006年7月 株式会社太伽を設立。同社にて、耐熱樹脂材によるはんだ装置用搬送治具(はんだパレット)の販売開始。
2008年1月 インターネプコンに初出展。以降、毎年出展し新機構を発表。
2012年5月 「株式会社 大成」の社名を「株式会社 太成」に変更

2017年9月

新社屋に移転し、太成 本社工場・太伽 古谷工場を統合する

お見積り依頼、
お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

049-257-5935

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

企業情報

お見積り依頼、
お問い合わせはこちらから

049-257-5935

お問い合わせ

PAGETOP